さが山農園で子供たちの沢山の笑顔を咲かす。

『さが山農園』
中山間の耕作放棄地の草をかり、石ころ拾いを約30日行い、水環境をよくするため、側溝から落葉を拾い腐葉土をつくりまき、野菜の種まきを行う。
子供たちが「土に触れる」「自然に触れる」ことは、「充実した」人の将来にとってとても大事な気がする。その子供たちの触れる土は、より安全な
方がよい。近くの森林をおかりし、しいたけの菌うちし、家に持ち帰る。子供たちは、木や草を持込、子供達の居場所を創る。
【この活動(事業)は、佐賀未来創造基金 新型コロナ対策「さがっこ基⾦(特別枠)」の支援を受け、実施しました。当支援金にご寄付していただき
ました皆様、佐賀の景観・自然豊かな中山間に子供たちの笑顔が沢山咲きました。本当にありがとうございました。】

Follow me!